産婦人科医不足の実情と神奈川県の事例に注目

Close-up of doctor checking pregnant woman's tummy with stethoscope.

かねてより産婦人科不足が叫ばれており、今後結婚してお子さんを産もうというお母さんにとっては不安なこともあるかと思います。実際に「出産難民」なんて言葉もあるぐらいです。しかしながら、実はこのようなデータがあることはご存知でしょうか?日本産婦人科学会と日本産婦人科医会の試算では、10年後の産婦人科医の数は7%上昇する見込みだそうです。

あれ?メディアが間違って報じてるのかなと思われるかもしれませんが、あながち間違いではありません。産婦人科医に限らず、慢性的な医師不足も叫ばれていますが、結構これは地方差があるのです。要は、その地域における人口比に対して不足してるかどうかが問題なのです。そのため、都心では医師は大勢いるため報酬も安いのだとか(参考:https://www.doctor-vision.com/)。そう、産婦人科医は10年後に7%上昇する見込みでもそれは都市部に集中するために、地方では激減する可能性が叫ばれているのです。

こういった医療施設や診療科医などの地域ごとの状況は、大都市に住んでいれば問題ないという訳でもないようです。例えばですが、東京の西に位置する神奈川でもその傾向は既にあるようで、病院施設の集中する川崎・横浜の二大都市においては、医師の数は十分足りているものの、産婦人科医や小児科医については不足している状況のようです。横浜のような今後も人口増が見込まれているようなエリアでも、これから産まれてくる子たちに十分な産婦人科医が割り当てられているかというと実際問題分かりません。いくら少子化の社会と言えどもこれではこれから子供を産もうというお母さんにとっては不安ですよね。実際に、神奈川県の医師求人で産科医について調べると、1500万円からの求人案件が多く、一般内科や外科よりも高額な報酬の求人案件がありました。病院側も高額な報酬を支払うなど産婦人科医の獲得には努力をしているようですが、近い将来、神奈川県に限らず全国的に産婦人科医の解消がされることを望みたいと思います。