赤ちゃんの肌に合わせた紙おむつの選び方

Baby boy wearing diaper in white sunny bedroom. Newborn child relaxing in bed. Nursery for children. Textile and bedding for kids. Family morning at home. New born kid during tummy time with toy bear.

昔は布おむつが主だったころはさらしでおしめを縫っていました。しかし今は、おしめを縫わなくても、紙おむつがあるので楽に赤ちゃんの下の世話が出来るようになりました。また、赤ちゃんも、布おしめだと、濡れたまま気持ち悪さと、おむつかぶれによるお尻のただれがよく見られていました。そのおむつかぶれを防ぐために頻回に赤ちゃんが泣いたらおむつを替えていたそうです。

でも、今の紙おむつはおしっこの吸収率がとても良くって、おしっこを吸収した後も、肌にべとつかずさらっとした状態の感触を味わうことが出来るようです。紙おむつの性能はかなり良くなっていますので、どこの製品を使ってもよいと思いますが、素材や、吸収率や、肌の感触、お値段などによって、違いがあるのも事実です。

選び方のポイントとして一番は、赤ちゃんの敏感肌に良いものを選びましょう。パンパースは紙おむつの中で一番おしっこの吸収率がよくって、お肌に優しく、おむつかぶれしにくいと言われています。新生児の時によく使われていうのがパンパースです。次は値段ですね。子供を育てる時は、とてもお金が掛かります。新生児期を超えるとおしっこの回数や量が多くなります。たくさんのおむつが必要になるので、安く購入したいのが親の真理でしょう。値段もよく見て選びましょう。